2017/08/21 17:14

人気落語家・春風亭一之輔「野心あったら、落語家になっていなかったかも」

「この番組をきっかけに、多くの人が落語に興味を持ってくれれば」と語る春風亭一之輔/(C)NHK
「この番組をきっかけに、多くの人が落語に興味を持ってくれれば」と語る春風亭一之輔/(C)NHK

NHK Eテレでは、「落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし~」を4回にわたって放送中(7月31日、8月7日、21日、28日、夜11:00-11:30)。落語の楽しさと魅力を分かりやすく伝える同番組では、東出昌大と真打ち・春風亭一之輔、二ツ目・柳亭小痴楽、柳家わさび、立川吉笑と落語研究会出身の雨宮萌果アナウンサーが落語トークを繰り広げる。

8月21日の放送では、一之輔が古典落語の一つ「お菊の皿」を披露する。収録を終えた一之輔にインタビューを行い、番組の見どころや落語の魅力などを語ってもらった。

■ 落語は足湯みたいなもの!?

――この番組で初めて落語に触れる方もいると思いますが、落語を一言でいうとどういうものですか?

落語って足湯です(笑)。よく言うのは、人は癒やしを求めて温泉に行って、お湯に漬かるじゃないですか。でも温泉に行くのは、宿を予約したり、お金もかかるし、いろいろ大変ですよね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >