2017/08/23 10:30

舞台「煉獄に笑う」で共演!鈴木拡樹×崎山つばさがお互いを語る

舞台「煉獄に笑う」に出演する鈴木拡樹(写真右)と崎山つばさ(写真左)/撮影=広ミノル
舞台「煉獄に笑う」に出演する鈴木拡樹(写真右)と崎山つばさ(写真左)/撮影=広ミノル

8月24日(木)より唐々煙による漫画を原作とした舞台「煉獄に笑う」の上演がスタート。2018年には実写映画化(3月21日〈水・祝〉公開)もされる「曇天に笑う」の300年前、戦国乱世の真っ只中を舞台に、300年に一度日ノ本最大の湖・琵琶湖に甦る“大蛇(おろち)”を巡る戦いが描かれる。主人公・石田佐吉を演じるのは、数々の舞台で人気を博す鈴木拡樹。大蛇の手がかりを求め、羽柴秀吉の命で訪れた曇神社の八代目当主・曇芭恋を崎山つばさ、芭恋の双子の妹・阿国を前島亜美が務める。ほか、小野健斗や納谷健、碕理人ら舞台を中心に活躍する実力派キャストが集結。

そんな本作について、主演を務める鈴木拡樹と崎山つばさに、作品への想いを語ってもらった。

■ 舞台を楽しみたい!

――映画化も控えている「曇天に笑う」の前日譚ということで、本作の「煉獄に笑う」の注目度も急上昇しています。そんな話題作に出演が決まったときの感想を教えてください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン