2017/08/22 07:00

押井守&田中敦子が語る「ゴースト・イン・ザ・シェル」の魅力と裏側とは?

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を田中敦子、押井守(写真左から)が語る!
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を田中敦子、押井守(写真左から)が語る!

スカーレット・ヨハンソン主演のハリウッドSF映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」のBlu-ray&DVDが8月23日(水)に発売。そのリリースを記念し、「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」(1995年)で監督を務めた押井守と、本作の日本語吹き替え版でスカーレット・ヨハンソン演じる少佐の声を担当した田中敦子がインタビューに応じた。

本作は、押井によるアニメ映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した作品で、ビートたけし、桃井かおりら日本人キャストの起用でも話題を呼んだ。また、日本語吹き替え版では田中(草薙素子役/“少佐”役)をはじめ、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)らアニメ版の主要キャストが同じ役柄を担当している。

――長らく二次元で愛されてきたシリーズが、実写化されました。芸者ロボに、摩訶不思議な近未来都市、脳内を具現化、など見たこともない実写映像が随所に描かれワクワクするシーンがたくさんありました。印象的、もしくはいい意味で「そうきたか!」など予想を裏切られたなど、特に楽しまれたお気に入りのシーンやポイントがあればお教えください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >