2017/08/22 06:00

【僕やり連載】まだ間に合う!衝撃シーンのまとめ&今後の展開をチェック!

毎週火曜放送の窪田正孝主演ドラマ「僕たちがやりました」(夜9:00-9:54、フジ系)/(C)カンテレ
毎週火曜放送の窪田正孝主演ドラマ「僕たちがやりました」(夜9:00-9:54、フジ系)/(C)カンテレ

毎週火曜夜9時から放送中の窪田正孝主演ドラマ「僕たちがやりました」(カンテレ制作、フジ系)。本作は、“そこそこ”の日常を大切にしてきた若者4人が、あるいたずらをきっかけに爆破事件の容疑者になってしまう”青春逃亡サスペンス”である。

現在、5話まで放送され、疾走感のある展開に「衝撃の連続!」「続きが気になる!」とSNSで話題を集めている。そこで、今回はドラマの後半戦突入に際し、これまでのストーリーを振り返っていく。

■ 【第1話】ほんのいたずらが、日常を狂わす…

ある日、不良高校・矢波高生の市橋(新田真剣佑)らに向かって暴言を吐いたマル(葉山奨之)がボコボコにされる。痛々しい姿のマルを発見したトビオ(窪田)、伊佐美(間宮祥太朗)、パイセン(今野浩喜)は矢波高への復讐を計画。

パイセンの提案で、矢波高へ小型爆弾を仕掛けることに。しかし、決行の当日、トビオたちの目の前で予想外の大爆発が起こり、市橋も重傷を負う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >