2017/08/26 23:30

秋元康プロデュース劇団が始動!センターは18歳美少女

「劇団4ドル50セント」の面々と、秋元康氏ほかクリエーター陣
「劇団4ドル50セント」の面々と、秋元康氏ほかクリエーター陣

作詞家・秋元康氏のプロデュースによる「劇団4ドル50セント」の旗揚げ記者発表会が8月23日、都内にて行われた。

「劇団4ドル50セント」は、AKB48グループや坂道シリーズのプロデューサーとしても知られる秋元氏が初めてプロデュースする演劇集団。昨年夏、エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長の松浦勝人氏と新しいプロジェクトを構想する中で、「演技経験がほとんどない若者たちによる劇団」というコンセプトが生まれ、オーディションを開始。応募総数約5000名から、女性21名、男性10名、合計31名の劇団員が選ばれた。

この日はまず、11月に行われる“プレ公演”のプロローグが団員によって演じられた。31名がステージ狭しと演技し、踊る一方で、途中からは学生服を着た少女8人からなる“派生ユニット”が歌とダンスを披露する場面もあった。

その後劇団員とともに、秋元氏、脚本を務める「劇団鹿殺し」主宰の丸尾丸一郎氏、音楽監督を担当する和田俊輔氏、振り付けのCRE8BOY(クリエイトボーイ※2人組ユニット)、クリエイティブディレクターの近山知史氏が登壇。印象的な劇団名について、秋元氏はアメリカのシンガー・故ジャニス・ジョプリンが27歳で急死した際、手に4ドル50セントが握られていたというエピソードから取ったと説明。「AKB48を立ち上げたときも、最初は少女劇団をやろうと思っていたので、自分として原点に戻った思いがある」との秘話も明らかにした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >