2017/08/30 07:00

和田正人「牧野に近い人がいないかなと思って」新宿二丁目でお勉強したと告白

元子の通う美容院の店長・牧野を演じる和田正人/(C)テレビ朝日
元子の通う美容院の店長・牧野を演じる和田正人/(C)テレビ朝日

第1話で11.7%、第2話では初回を上回る12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率を記録し、ここまで放送された第6話まで2桁をキープ中のドラマ「黒革の手帖」(毎週木曜夜9:00-9:54テレビ朝日系)。

武井咲が夜の銀座を舞台に野望に燃える若きママ・原口元子を演じ、“黒革の手帖”を盾に頂上を目指す姿を描く。

そんな本作にて、元子が通う美容室で、元子に有益な情報を提供する“心は女”な店長・牧野を和田正人が演じている。登場人物全員が“悪人”の中で、まだ悪人の顔を見せていない和田に、役どころや久しぶりの共演となる武井の印象などについて話を聞いた。

――まずは、「黒革の手帖」出演のお話を聞いたときの心境から教えてください。

僕がちょうどこの仕事を始めたくらいの時に、米倉(涼子)さんの「黒革の手帖」(2004年、テレビ朝日系)が放送されていて、何となく「重厚なドラマだなぁ」と思って見ていたのがとても印象的です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >