2017/09/01 11:03

うなぎ王国・静岡県人の「うなぎあるある」&うなぎパイにまつわるオモシロネタ

「なるほど!今うなぎが食べたくなるテレビ」(静岡放送制作)が「うなぎあるある座談会」を開催
「なるほど!今うなぎが食べたくなるテレビ」(静岡放送制作)が「うなぎあるある座談会」を開催

9月3日(日)放送の「なるほど!今うなぎが食べたくなるテレビ」は、思わずうなぎが食べたくなる数々の情報を紹介するスペシャル番組。番組が取材した、うなぎ養殖発祥の地・静岡県における「うなぎあるある」の、放送には乗らないネタをふんだんに紹介する。

近年はうなぎ生産量首位の座を他県に譲ったものの、最盛期には全国シェアの約7割を占め、「給食にうなぎが出てくる」など、うなぎにまつわる数々の噂がまことしやかに囁かれる静岡県。果たしてその噂、どこまでが真実なのか? 番組ではアンケートを行なった後、うなぎを食べる頻度の高い静岡県民(浜松市、磐田市、清水区、吉田町)を集め、アンジャッシュ・渡部建司会で座談会を開催した。

1つ目のテーマは、「うなぎの白焼きを買ってきて家で食べることに違和感がない」。参加者は、「買ってきて、魚焼きグリルを使って、家にあるタレ用のハケでタレを塗りながらカリッと焼き上げます」とコメント。「家にタレを塗る用のハケがある」という事実が判明する。多くの人が「フライパンで焼く」と述べ、「フライパンは楽だけど、魚焼きグリルのほうが美味しい」という言葉も。「肝を山のようにビニール袋に入れて売ってる」「バーベキューでも誰かしら白焼きを買ってくる」「土用の丑の日とか関係ない」「ちょっとした手土産でもらったり」と、うなぎが日常食であることが証明され、果ては「高校生の時にうなぎデートをしていた」「引っ越ししたらまず好みのうなぎ屋を探す」というアンケート回答も紹介された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >