2017/09/03 08:30

有名サッカー解説者の実家も!アンジャッシュ・渡部が伝える東京&静岡のうなぎ名店

9月3日(日)放送「なるほど!今うなぎが食べたくなるテレビ」ではアンジャッシュ・渡部建がうなぎの名店を巡る
9月3日(日)放送「なるほど!今うなぎが食べたくなるテレビ」ではアンジャッシュ・渡部建がうなぎの名店を巡る

9月3日(日)放送の「なるほど!今うなぎが食べたくなるテレビ」では、静岡、東京のうなぎ店や絶品うなぎグルメをわんさかと紹介する。番組に登場するのは覚えておきたい名店・逸品ぞろいだ。

出演者の一人で、「秋のうなぎは脂がのってて最高なんです」と語る食通芸人のアンジャッシュ・渡部建は、静岡、東京のうなぎの名店を巡る。

まずは、静岡県から。静岡放送(SBS)の新城健太アナウンサーとともに訪れるのは、三島市広小路町の創業160年、江戸時代から続く老舗「うなぎ桜家(さくらや)」。仕入れたうなぎを富士山の雪解け水で打たせて臭みを抜き、長きに渡って継ぎ足しされてきた秘伝のタレで蒲焼きにする。白焼きでじっくりと焼き込み、余分な脂は落とし、旨みを閉じ込める。やわらかくて口当たりがよく、くどさのないこの伝統の味を、桜家では「かるみ」と表現。渡部はそれを「ご飯の中にとろけるうなぎが滑り込んでいく感じ」と言い表した。

続いて、東京・日本橋の有名店「近三(きんさん)」。ここはサッカー元日本代表選手で、現在は解説者として活躍する松木安太郎の実家。現在は松木のいとこが息子とともに切り盛りしている。登場した松木は渡部に「うなぎは尻尾系が旨いんですよ」と語りかけ、さらに思い出の味として「うなぎの肝を佃煮風にして食べたり…」と「うなぎの肝煮」を挙げる。「肝煮」は、秘伝のタレとショウガで味付けした、近三の大人気メニューだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン