2017/08/30 06:00

森田剛とは何者か?【てれびのスキマ】

ただの“ヤンチャ坊主”では醸し出せない、セックス&バイオレンスな匂い
ただの“ヤンチャ坊主”では醸し出せない、セックス&バイオレンスな匂い

■ バイオレンス性とイノセンス性を併せ持つ“演技者”

V6はかくも不思議なグループである。

仲が良さそうに見えてバラバラに感じる時もあるし、バラバラな方向を向いているのに、向かっている先が一緒だと感じることもある。嵐やTOKIO、解散前のSMAPにしても、完全にブレイクし、個々の仕事が忙しくなった後でも、レギュラーのバラエティ番組を持っていた。だが、V6の場合は、現在『アメージパング!』(TBS系)はあるが、この番組で6人全員が揃うことはほとんどない。だからといってグループとして破綻しているかといえば、まったくそうではなく、むしろ今がまさに全盛期といった勢いを感じる。

たとえばファンの間で有名な『学校へ行こう!MAX』(TBS系)での「修学旅行」の夜の光景こそ、V6の関係性をもっともよくあらわしているだろう。明日早いから早く寝るように促すリーダーの坂本昌行に対し、最初にふざけだすのは決まって井ノ原快彦だ。それが、年少組のヤンチャ心に火をつけ、森田剛や三宅健、岡田准一が呼応し悪ふざけを加速していく。そして機を見て長野博もそれに加わる。暗闇の中、「痛い痛い痛い!」と悲鳴が上がり、電気をつけると長野が三宅にプロレス技を仕掛けている。「いい加減にしろ、お前ら」と注意する坂本にメンバーは「一番坂本くんがうるせえよな」と言うのだ。このワチャワチャ感こそV6だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >