2017/09/10 08:00

井上芳雄が挑む橋爪功との二人芝居「謎の変奏曲」裏話

橋爪功&井上芳雄の二人舞台「謎の変奏曲」
橋爪功&井上芳雄の二人舞台「謎の変奏曲」

ミュージカル俳優の井上芳雄が、名優・橋爪功との二人芝居に挑む舞台「謎の変奏曲」が、9月14日(木)、東京・世田谷パブリックシアター公演で幕を開ける。本公演は東京を皮切りに、大阪、新潟、福岡と巡回する。

二人の男性キャストによる会話劇「謎の変奏曲」は、1996年に「エニグマ変奏曲」(原題:「VARIATIONS ENIGMATIQUES」)としてパリで初演された作品。エリック=エマニュエル・シュミット作、アラン・ドロン主演での上演は大好評を博し、以来世界各国で上演されている。軽妙なやりとりと緊張感のある会話は、時におかしく、時に切なく、展開によって二人の立場はスリリングに変化し、一人の女性をめぐる心理ゲームが展開される。

井上芳雄は自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「井上芳雄by MYSELF」において、このところ毎回「謎の変奏曲」の稽古の様子を明かしている。

8月20日放送では「二人だから凄いセリフ量なんですが、恐ろしいことに、共演する橋爪功さんは初日の稽古でもうセリフを全部覚えているんです」、「明日は、僕の役の一番長いシーンをやる。3ページをろうろうと。まだ3分の1しか覚えられてなくて、今日はもう寝れないんじゃないかとちょっとしたナチュラルハイ状態」と少し不安を抱えている様子で語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >