2017/09/07 06:00

黒沢清監督がドラマ「予兆 散歩する侵略者」で描く新境地 『恐ろしい“予兆”がする』

映画に続きスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」を手掛ける黒沢清監督
映画に続きスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」を手掛ける黒沢清監督

9月9日(土)より公開される、劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を映画化した「散歩する侵略者」。そのアナザーストーリーとして映画本編を支える形で制作されたスピンオフドラマ「予兆 散歩する侵略者」がWOWOWプライムにて9月18日(月)よりスタートする。

“人間の概念を奪う侵略者”という斬新な設定の演劇を映画化・ドラマ化するに至った国内外で常に注目を集める黒沢清監督にインタビューを敢行!!

本作に対する思いから映画・ドラマというエンターテインメントに対する考えまでたっぷり語ってもらった。

――スピンオフドラマを制作することとなった経緯を聞かせてください。

映画の制作が決まって準備をしているころに、「スピンオフをやっていただけないか」という提案があり、企画がスタートしました。

基本的なストーリーは映画で完結してしまっているので、その前後を描くというのはできないなと思い、映画の物語が進行する「隣町では何があったのか?」という視点から発想しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >