2017/09/14 22:38

「脳にスマホが埋められた!」最終回で、歴代“スマホ人間”がそろい踏み!

「脳にスマホが埋められた!」最終回で“スマホ人間”が集結!/(C)YTV
「脳にスマホが埋められた!」最終回で“スマホ人間”が集結!/(C)YTV

9月14日(木)深夜に放送されるドラマ「脳にスマホが埋められた!」(日本テレビ系)の最終回で、これまで本作に登場した“スマホ人間”たちがそろい踏みを果たすことが分かった。

ひょんなことから脳内が「スマホ」のようになってしまった折茂圭太(伊藤淳史)が、能力を駆使して会社や周囲の人々のトラブルを解決していく同ドラマ。

脳内スマホを通して描かれる「スマホあるある」や、圭太の勤務するアパレルメーカー「エグザルトン」の社長・黒部(岸谷五朗)を巡る謎など、さまざまな視点から話題を集めてきた。

第10話で、自分が黒部の娘であることを明かした柳子(新川優愛)。最終回では、柳子が実の親である黒部になぜ復讐(ふくしゅう)したいと思っていたのか、その胸の内が明かされる。娘を持つ父親でもある圭太は、二人の仲を修復させようと奔走するのだが…。

クランクアップに際して、主演を務めた伊藤は「あり得ない設定だからこそ、ストーリー自体はヒューマンな部分が盛りだくさんで、毎回、泣いたり笑ったり。時にはあふれる情報や、複雑な人間関係に振り回され、何か胸につかえるような思いのまま、終わった回もありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >