2017/09/12 07:05

TPD、初のミニアルバムは“恋”がテーマ!?「新しい一面が見られる1枚に」

東京パフォーマンスドール・橘二葉、高嶋菜七、浜崎香帆、上西星来、櫻井紗季(左から)
東京パフォーマンスドール・橘二葉、高嶋菜七、浜崎香帆、上西星来、櫻井紗季(左から)

9人組ガールズグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)が、9月13日(水)に初めてのミニアルバム『Summer Glitter』をリリース。

SCANDALのRINAが作詞を担当したリード曲「Glitter」のほか、赤の流星、ぐーちょきぱーといった派生ユニットによる楽曲など、さまざまな個性の楽曲が詰まった1枚となっている。

リリースに当たって、TPDの高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季、浜崎香帆、橘二葉にロングインタビューを行い、楽曲の聴きどころやパーソナルな部分まで、幅広く語ってもらった。

前後編に分けて掲載する前編では、ミニアルバム収録の6曲の聴きどころを中心に紹介!

――まず『Summer Glitter』はどういうアルバムでしょうか?

高嶋:はい!『Summer Glitter』は、夏のリリースということで、髪の色をガラッと変えたり、衣装に関しても楽曲に関しても、今までのTPDとはまた違った一面が見られる1枚だと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >