2017/09/12 19:31

宮崎あおい、北斎の娘の跡をたどり大英博物館へ

左から三宅弘城、宮崎あおい、長塚京三、大森美香(脚本)
左から三宅弘城、宮崎あおい、長塚京三、大森美香(脚本)

NHK総合で9月18日(月)に放送される特集ドラマ「眩~北斎の娘~」(夜7:30-8:45)の完成試写会が行われ、主演の宮崎あおいをはじめ、長塚京三、三宅弘城が登壇。作品の見どころの他、共演者の印象などを語った。

同作は、江戸の天才絵師・北斎(長塚)の娘・お栄(宮崎)の半生を描いたヒューマンドラマ。何をするよりも絵を描くことが好きなお栄は、嫁ぎ先から父であり師でもある北斎の元に戻って来てしまう。お栄は北斎を尊敬し、影として働き続けるが、やがて独自の画風を身に付けていく。

世界にもその名が知られる北斎の娘であり、自身もまた並外れた才能を持った絵師であるお栄を演じた宮崎は「お栄さんという存在をこの作品に関わるまで知らなかったんです。ですのでまず、ドラマの撮影が始まる前、浮世絵というものを理解するために竹の節をひたすら描くという練習を始めたんです。その次は、ぼたんの絵に色を着ける練習などに移ったんですが難しくて、真っすぐな線をきれいに描く、曲線をきれいに描くということができなかったんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >