2017/09/13 06:00

「ドラマ好きが高じて女優を目指した」広末涼子のこれまでとこれから

週刊ザテレビジョン創刊35周年企画のスペシャル連載 第一弾は広末涼子が登場/撮影=西村康
週刊ザテレビジョン創刊35周年企画のスペシャル連載 第一弾は広末涼子が登場/撮影=西村康

週刊ザテレビジョン創刊35周年企画として、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るスペシャル連載がスタート。第1弾は、'95年にCMで鮮烈なデビューを果たし、以来、22年で60本以上のドラマ作品に出演した広末涼子。'97年4月には「MajiでKoiする5秒前」でCDデビューし、同年7月には、反町隆史&竹野内豊がW主演し、大ブームを起こした人気ドラマ「ビーチボーイズ」(フジ系)にも出演。“ヒロスエ”の名は全国に知れ渡った。今でも、女優として活躍し続けている彼女の原点は、デビュー前に見ていた'80~'90年代のドラマだという。

■ ドラマ好きが高じて女優を目指した幼少期

「故郷の高知で過ごした小学生のころはすごいテレビっ子で、毎週月曜に何が放送されて、火曜には何がというのを全て把握していました。でも、まだ高知の民放局は2つしかなく、TBSとフジテレビの番組を一つの局がやっていたりして、編成がバラバラだったんですよね。『笑っていいとも!』(フジ系)を夕方に放送していたくらいですから(笑)。だから、放送されないドラマもあり、それをわざわざ首都圏にいる親戚にビデオに録画して送ってもらっていました。それほどドラマが好きだったんです。中山美穂さん主演の『ママはアイドル!』とか、田村正和さんの『パパはニュースキャスター』(共に'87年TBS系)などを夢中で見ているうちに、『自分もブラウン管の中に入りたい、女優さんになりたい!』という意志が固まりました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >