2017/09/13 00:00

「直虎」高嶋政宏、休憩中もよろい脱がず!『甲冑は究極の“コスプレ”』

高嶋政宏が、戦国最強とも称される徳川四天王の一人、本多忠勝を好演中/(C)NHK
高嶋政宏が、戦国最強とも称される徳川四天王の一人、本多忠勝を好演中/(C)NHK

俳優の高嶋政宏が、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。

高嶋は徳川家康(阿部サダヲ)の家臣である本多忠勝を演じている。忠勝といえば徳川四天王の1人として有名で、生涯において戦場でかすり傷1つ負わなかったと伝えられている“最強の武将”である。そんな忠勝を演じている心境を聞いた。

――高嶋さんは戦国時代が好きだと伺ったのですが、本当ですか?

僕は普段から歴史書などを読むかと言ったらそうではないんですが、よろい・かぶとが好きなんです。甲冑(かっちゅう)を着込んでいく時のひもで縛り上げていく圧迫感も好きですし、かぶとをかぶった時の姿、これは、男が最も格好良く見える究極の“コスプレ”ですよ(笑)。

ジョージ・ルーカスやスティーブン・スピルバーグも憧れたのもうなずけますね。休憩中も甲冑は脱がずに、暑さを忘れてロケを楽しんでいます。

――そんな甲冑を身に着けていて気に入っていることは何ですか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >