2017/09/15 17:00

【インタビュー】HIPHOPがダンサー人生を変えた! IKKIのダンスヴィジョンに迫る

IKKI/Photo by 大石隼土
IKKI/Photo by 大石隼土

熊本レぺゼンの10代ダンサーとして、国内外のダンスバトルで輝かしい実績を残しているIKKI。世界大会のWDC 2017では、フランス代表のゲストダンサーに勝利を収めファイナルへ。決勝でのICEE&ALEX戦で激戦を繰り広げたのは記憶に新しい。そんな躍進目覚ましいIKKIにダンスのルーツや将来のことをインタビュー! ダンサーとしてだけでなく、プライベートな部分など等身大のIKKIの姿に迫った。

■ HIPHOPやっている時が楽しくてドハマりしました

――ダンスを始めたキッカケは?

父がNY JET'Sというダンスチームで活動していて、ダンススタジオを作ったんです。そこで3歳の頃からダンスを始めました。

――最初からダンスは楽しんでやっていたの?

正直、記憶はないです(笑)。ダンスしてるなって思えたのは小学生になってからですね。ジャンルとかも最初は決まってなくて、体のアイソレーションとか基礎をやってました。小4までLOCKとBREAKINをやってたんですよ。楽しかったんですけど、若干自分の中でダンスに打ち込めてなくて。その頃、福岡にTAKAFUMIさんっていうすごいダンサーがいると話を聞いて、習いに行った時にHIPHOPと出会ったんですけど、とにかくHIPHOPの音楽が好きになっちゃって。自然と音楽に体がのるし、ダンスもHIPHOPやっている時が楽しくてドハマりしました。その時からジャンルもHIPHOPに固定しましたね。TAKAFUMIさんには今でもお世話になっているんですけど、僕の尊敬するダンサーです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >