2017/09/16 19:09

若手俳優たちの歌あり、涙ありのオリジナル時代劇!「SANADAMA・る」

「SANADAMA・る」に出演する3人を直撃!(左から)木ノ本嶺浩、安西慎太郎、辻本祐樹/スタイリスト:EIKI、ヘアメイク:高橋ゆかり/藤澤和紀
「SANADAMA・る」に出演する3人を直撃!(左から)木ノ本嶺浩、安西慎太郎、辻本祐樹/スタイリスト:EIKI、ヘアメイク:高橋ゆかり/藤澤和紀

今年も12月28日(木)から東京・明治座にて「ゆく年く・る年冬の陣師走明治座時代劇祭」(通称:る年祭)が上演される。本公演は2011年から演劇製作会社る・ひまわりと創業140年を越える老舗大劇場の明治座がタッグを組み上演を続けてきた舞台で、歴史的にも有名な人物や物語を笑いあり、歌あり、踊りあり、涙ありの歴史エンターテインメント。

今回は昨年の大河ドラマ「真田丸」('16年、NHK総合ほか)とそっくりな名前の「SANADAMA・る」を送る。真田幸村および真田十勇士らが戦う「大坂の陣」を、仙台藩伊達氏家臣の片倉重長と隻眼の仙台藩藩主・伊達政宗目線で演じる。

そんな作品で、理想に燃える青年・重長を演じる安西慎太郎(W主演)、現実主義者の藩主・政宗を演じる辻本祐樹(W主演)、女人を捜して迷子になる伊達成実役の木ノ本嶺浩に見どころなどを聞いた。

■ 今年はW主演で前代未聞の舞台に!?

――この「祭」シリーズは、自身の中でどのような存在ですか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >