2017/09/19 20:30

【僕やり連載】窪田正孝、”僕やり”と駆け抜けた4か月間「高校生に戻れました!」

9月19日(火)に最終話を迎える「僕たちがやりました」(夜9:00-9:54、フジ系)より、主演の窪田正孝が心境を語った/(C)カンテレ
9月19日(火)に最終話を迎える「僕たちがやりました」(夜9:00-9:54、フジ系)より、主演の窪田正孝が心境を語った/(C)カンテレ

窪田正孝主演ドラマ「僕たちがやりました」(夜9:00-9:54、カンテレ制作、フジ系)が、9月19日(火)の放送で最終話を迎える。

本作は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されていた同名漫画をドラマ化。“そこそこ”の日常を大切にしてきた若者4人が、あるいたずらをきっかけに爆破事件の容疑者になってしまう”青春逃亡サスペンス”である。

ザテレビジョンWEBの“僕やり”スペシャル連載では毎週火曜に、キャスト陣のインタビューや、収録の裏側などをたっぷりと紹介。最終回となる今回は、29歳にして高校生・トビオ役を熱演してきた窪田が、これまでの撮影を振り返り、本作への思いを語った。

■ 4か月間に及ぶ撮影期間は「濃かった」

――撮影を振り返っての心境を教えてください。

駆け抜けた4か月間。撮影が終わることは正直寂しいですけれど、一個一個のシーンが濃かったです。ビルとビルの隙間で、パンツ一丁でドーナツにかぶりつき、逃亡劇をしていた時は、自分自身も追いつめられていったし、(第6話の)ボウリング場でパイセン(今野浩喜)に声をかけられ、4人で再会できたときは本当にうれしかったです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >