2017/09/22 09:00

西野七瀬、膝に薙刀が直撃も「当てるより当てられる方がいい(笑)」

映画「あさひなぐ」に出演する西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、富田望生/撮影=佐藤友昭
映画「あさひなぐ」に出演する西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、富田望生/撮影=佐藤友昭

――女子高生が薙刀に燃える姿を描いた映画「あさひなぐ」が9月22日(金)に公開される。二ツ坂高校薙刀部の1年生役を務めた乃木坂46・西野七瀬、桜井

玲香、松村沙友理が“青春の日々”を振り返る!

西野:最初は薙刀が長いし重いしで…体もだけど頭も疲れたよね

桜井:うん。踏み込みで左右どっちの足を前に出すのか混乱した(笑)

松村:あと、薙刀を相手に当てるの、むっちゃ怖くなかった? 防具以外の場所に当たったらどうしよう?って。なーちゃん(西野)は試合のシーンでやばかったなぁ

西野:相手がスネを打ってきたところをかわす…っていう段取りでかわし損ねちゃった。“スネ当て”はしてたけど、膝にバシッ!って。それでも、自分が当てるよりは当てられる方がよかったよ(笑)

富田望生:やっぱり打つことのほうが怖いですよね。その恐怖心が取れてから、自分らしい薙刀を考えられるようになりました!

――そう語るのは、今回、2年生の文乃役でグループ外から参加した女優の富田望生。旭たちの先輩役でありながら実は最年少の17歳だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >