2017/09/22 07:00

林遣都、出演作を「人生におけるテーマが散りばめられている」

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で、“魚屋ミュージシャン”こと松岡克郎を演じる林遣都/(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会
映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で、“魚屋ミュージシャン”こと松岡克郎を演じる林遣都/(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

東野圭吾の同名小説を、映画「余命1ヶ月の花嫁」(2009年)「PとJK」(2017年)の廣木隆一監督が映画化し、9月23日(土)に全国で公開される「ナミヤ雑貨店の奇蹟」。心優しい店主が営む個人商店「ナミヤ雑貨店」を舞台に、時を超えた手紙がつなぐ5つの感動物語が展開される。山田涼介がつらい生い立ちを抱え心に傷を負った主人公の青年を好演。ベテラン俳優の西田敏行が「ナミヤ雑貨店」の店主役で共演している。

林遣都は、さまざまなエピソードを結びつける重要なキャラクター“魚屋ミュージシャン”こと松岡克郎役で出演。芝居だけではなく、ハーモニカ、ギター、歌と、音楽面でもハードルの高い技術を求められた役作りにまつわるエピソードを語ってくれた。

――今回の作品で演じた松岡克郎は、どんな青年ですか?

若くしてミュージシャンになるという大きな夢があって、でもなかなか上手くいかないことばかりで、もがき苦しんでいる。家族の間で確執があり、夢を選ぶのか家業の鮮魚店を継ぐのか。その選択に悩んでいる青年です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >