----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/27 06:00

「新しい役をいただくとワクワクする」連ドラ女王・観月ありさの歩み

ザテレビジョンのスペシャル連載第3弾は観月ありさ/撮影=諸井純二
ザテレビジョンのスペシャル連載第3弾は観月ありさ/撮影=諸井純二

週刊ザテレビジョン創刊35周年企画として、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るスペシャル連載がスタート。第3弾となる今回は、4歳からモデルを始め、数多くのCMに出演。1988年、11歳のときに「あぶない少年III」(テレビ東京系)で連続ドラマデビューした観月ありさ。抜群のプロポーションの美少女だった観月は、今や“26年連続、30回のテレビドラマに主演”という記録をもつ女優として輝き続けている。

■ まさかのオーディション合格 モデルと並行して女優へ

観月ありさがモデルから女優へ踏み出し、注目を集めたきっかけはあの名作ドラマだ。

「モデル時代にいくつかドラマのオーディションにも行ってたんです。きっと落ちるだろうなと思いながら受けたのに、まさか受かっちゃったのが『教師びんびん物語II』(1989年フジ系)の生徒役。田原俊彦さんが先生役で、あんな大スターなのに、私たちと一緒にロケバスに乗って移動してくれて、みんなの悩み相談や恋の相談にも乗ってくださって。子供扱いせず一人の人間として扱って一緒の空間にいる感じだったから、すごく楽しかったですね。普段通っている学校はもちろんあるんですけど、もう一つ学校に行っている気分でした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >