2017/09/26 11:30

【テレビの開拓者たち / 岡田惠和】「いつか『ひよっこ』の続きを書いてみたいです」

おかだ・よしかず=1959年2月11日生まれ、東京都出身
おかだ・よしかず=1959年2月11日生まれ、東京都出身

9月25日より、いよいよ最終週に突入した「連続テレビ小説『ひよっこ』」(NHK総合ほか)。「ちゅらさん」(2001年)、「おひさま」(2011年ともにNHK総合ほか)に続く3作目の“朝ドラ”として本作の脚本を書き上げたのが、岡田惠和氏だ。

この3本の朝ドラのほかにも、「彼女たちの時代」(1999年フジ系)、「最後から二番目の恋」(2012年フジ系)といった作品で、ごく普通の人々の喜怒哀楽を丹精に描く一方、「イグアナの娘」(1996年テレビ朝日系)や「泣くな、はらちゃん」(2013年日本テレビ系)、「ど根性ガエル」(2015年日本テレビ系)など、ファンタジー色の強い作品も数多く発表してきた岡田氏。果たして彼は、どのような思いを込めて、それぞれの作品を作り出しているのか。「ひよっこ」の思い出と併せて語ってもらった。

■ 視聴率はいつも気にしてます。それだけに『ひよっこ』の序盤はちょっとヘコみました(笑)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >