2017/10/01 17:00

海外ドラマ初吹き替えに挑戦した高橋一生「36歳は通過点。今は全てが楽しい」

海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」で俳優・ケビン(ジャスティン・ハートリー)の声を担当する高橋一生/撮影=西村康
海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」で俳優・ケビン(ジャスティン・ハートリー)の声を担当する高橋一生/撮影=西村康

同じ誕生日の36歳の男女が“人生の壁”を乗り越えようとする姿を描く海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」(NHK総合)が10月1日(日)からスタート。高橋一生は、人気コメディードラマに出演しながらもその役に嫌気が差す俳優・ケビン(ジャスティン・ハートリー)の声を担当。

■ 国は違えど、登場人物たちの悩みは共感できる

「第1話を拝見して、とても感銘を受けました。登場人物たちの悩みは、家族の問題だったり個人として社会に関わっていくときに直面する問題だったりと、日本とあまり変わらない。国は違えど、同じような悩みを持ったり葛藤しているんだと共感でき、感動しました」

高橋は、15歳のときにアニメーション映画「耳をすませば」('95年)の主要キャラクターの声を担当しているが、海外ドラマの吹き替えは初。

「俳優さんの芝居に声をあてるのは初めてのことなので、どうやっていけばいいのだろうと思いました。アニメとは違い、アフレコ収録のときに実際の役者さんの声が聞こえてくるんです。ケビンを演じているジャスティンさんの声は少し高めなので、いつもの自分の声より少し高めに出しています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >