2017/09/28 13:10

「直虎」尾美としのりから菅田将暉へ『おじさんに囲まれてかわいそう(笑)』

尾美としのりが、徳川四天王に挙げられる智勇兼備の武将・榊原康政を好演中/(C)NHK
尾美としのりが、徳川四天王に挙げられる智勇兼備の武将・榊原康政を好演中/(C)NHK

尾美としのりが、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に出演している。尾美が演じているのは榊原康政。後の徳川四天王の一人に数えられ、剣術だけでなく知略にも長けていた人物と伝わっている。また、同じく四天王の一人・本多忠勝(高嶋政宏)とは、良き友でありライバルであったという。そんな康政を演じている心境などを聞いてみた。

――榊原康政という人物をどのように捉えていますか?

「人品もっとも高し」とうたわれた名将であるということです。そういうところが僕とは違うところなので、今回、康政を演じるに当たって「何とかならないかな」と最も困っている部分ですね(笑)。

所作指導の先生に「ここの動きは、どうしたらいいですか?」「このせりふは、どう読んだらいいですか?」と一つ一つお伺いを立てて、頑張っております。

――その他に苦労していることはありますか?

軍議など、あぐらを組んでいるシーンが多いので腰が痛くなってくるんですよ(笑)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >