2017/09/28 19:30

「マチ工場のオンナ」猪突猛進の女性社長を演じる内山理名が作品への思いを語る

内山理名演じる女社長・光にさまざまな試練が/(C)NHK
内山理名演じる女社長・光にさまざまな試練が/(C)NHK

NHK総合で11月17日(金)より放送される「マチ工場のオンナ」(毎週金曜夜10:00-10:50)のスタジオ取材会が愛知・名古屋で行われ、主演の内山理名、父親役の舘ひろし、夫を演じる永井大らが登壇した。

同作は、実業家・諏訪貴子の著書を原作にした、町工場の2代目社長になった女性のサバイバルヒューマンドラマ。

専業主婦の有元光(内山)は、過労で倒れた父・泰造(舘ひろし)ががんで余命4日と告げられる。病床の父から、経営している町工場への思いを聞き、社長業を継ぐことを決意する。その後父が亡くなり、夫・大(永井)を頼りにしようと思った矢先、大が単身赴任で渡米することに。幹部社員の勝俣(竹中直人)や純三(柳沢慎吾)たちには反発され、取引先の銀行からは軽くあしらわれるなど、光にさまざまな試練が降り掛かる。

光たちが働く「ダリア精機」の社長室のセットの中で行われた取材会では、出演者たちが作品への思いや、名古屋で約1カ月にわたって行われている撮影の感想などを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >

おすすめキャンペーン