2017/10/01 18:00

【テレビの開拓者たち / 福山晋司】「関ジャニ∞クロニクル」演出家が語る“震災以降のテレビバラエティー”

ふくやま・しんじ=1980年8月26日生まれ、三重県出身
ふくやま・しんじ=1980年8月26日生まれ、三重県出身

「関ジャニ∞クロニクル」(フジ系)で、総合演出を務める福山晋司氏。今や幅広い支持を集めるこの番組は、一体どのようにして作られているのか。ターニングポイントとなったという「ピカルの定理」(2010~2013年フジ系)の思い出も交えながら、彼が考える“テレビの笑い”について語ってもらった。

■ 「ピカルの定理」はダウンタウンさんへの恩返しの気持ちもありました

――福山さんが一番最初に携わった番組は?

「最初は、深夜番組『WORLD DOWNTOWN』(2004年フジ系)のADです。フジテレビに入って、まずダウンタウンさんの番組を作っている班に配属されたんですよ。僕は生まれが三重で、大阪の文化で育った上に、ダウンタウンさんに多大な影響を受けた世代。いつかダウンタウンさんとお仕事できたらな、と思っていたので、希望通りのスタートラインに立ててうれしかったですね。その後『考えるヒト』(2004~2005年フジ系)にもついたんですが、ダウンタウンさんの深夜番組のシリーズがそこでいったんお休みになり、その流れで『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』(1994~2012年フジ系)や『人志松本のすべらない話』(フジ系)に参加して、のちにディレクターも務めさせてもらいました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >