2017/10/05 07:00

「直虎」に第4の男・菅田将暉が登場!「序盤は般若の顔しかしていません(笑)」

井伊家再興に懸ける直政を演じる菅田将暉/撮影:西村康
井伊家再興に懸ける直政を演じる菅田将暉/撮影:西村康

柴咲コウ主演の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)で、直虎(柴咲)の人生に第4の男が登場。後に徳川四天王と呼ばれるほどに大出世する井伊直政を菅田将暉が演じる。直政の名はまだ幼名の虎松。お家再興を考えていない直虎をもどかしく思いながら、成り上がることを画策する。

「だから、序盤はほぼ般若の顔しかしていませんでした(笑)。おかげで般若の顔のつくり方を習得しました。3工程でできるんですけど、これが結構疲れるんです。その後、整体に行ったら、前頭葉が出ているよと言われてしまいました(笑)」

徳川家に仕える虎松は、万千代という名を授かる。菅田はこの血気盛んな万千代は演じがいがあると語る。

「万千代から感じるのは圧倒的なバイタリティー。一度失った井伊という家名を取り戻すために成り上がってやる!と、まだ15歳の純粋な思いで怒鳴り散らすことができる。やっていてすごく気持ちいいです。また、万千代は一見やり過ぎなぐらいの感情に動かされるんですけど、それははたから見るとかわいくてチャーミング。そういう狙いじゃない部分に愛着を感じます」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >