2017/10/05 08:00

20代目・豆助も初お披露目「和風総本家SP」で知られざる大相撲の裏側に迫る!

東貴博が大相撲の舞台裏に潜入
東貴博が大相撲の舞台裏に潜入

テレビ東京系全国ネットで毎週木曜夜9時より放送中の「和風総本家」(テレビ大阪制作)が、10周年を迎え、「和風総本家10周年記念SP・大相撲を支える職人たち」(10月5日夜7時58分)を放送する。大相撲の聖地「両国国技館」の裏側にカメラが潜入し、相撲界を陰で支える職人たちに迫るほか、番組マスコット犬の20代目・豆助もお披露目される。

カメラが潜入した知られざる相撲界の舞台裏には、大相撲の世界で活躍する職人たちや相撲に欠かせない道具が数多く存在する。平成の大横綱・白鵬の綱を陰で支える物や、横綱が締める「綱」のある部分を作る職人などを紹介。さらに床山が愛用するクシや行司さんを支える草履…関取のみが使用できる巨大なつづら“明け荷”など…伝統の技を受け継ぐ職人にスポットを当てる。VTRには、横綱・白鵬や、人気のイケメン力士・石浦、注目の若手力士・矢後たちも登場する。

本場所を前に準備が進む土俵作りはもちろん、新弟子検査などでおなじみに相撲診療所や職員専用の食堂など、一般の人が踏み入れることのない世界にも潜入。その他、“呼び出し”の知られざる仕事や両国国技館のバックヤード、お相撲さんの街・両国の力士行きつけのお店などが紹介される2時間半丸ごと相撲スペシャルとなっている。

また、今回から20代目となる番組キャラクター犬の豆助が初お披露目となる新オープニング。レギュラー出演者の東貴博が「顔が小さくて男前! やんちゃな雰囲気」と言う豆助の愛くるしさにも注目だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >