2017/10/05 12:00

20歳の広末涼子が引退を決意…辞めるために「一生懸命太った」

広末涼子の20歳のころの壮絶なエピソードを聞き、「相当追い込まれたんだ…」とつぶやいた指原莉乃
広末涼子の20歳のころの壮絶なエピソードを聞き、「相当追い込まれたんだ…」とつぶやいた指原莉乃

10月4日放送の「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に広末涼子がゲスト出演。人気絶頂期に芸能界からの引退を考えていたことを明かした。

広末の引退危機は20歳の頃で、後藤輝基(フットボールアワー)は「絶頂期でしょ?」と広末に問いかける。その頃の彼女は「初めて海外の作品をやらせてもらって」という上り調子の時期。だが、海外と日本の芸能界のシステムに違いに否応なく気づかされることになり「悲しくなってしまった」と広末。

さらに、「30代のほうが役の幅って広がるんだけど、まだ10代って妹役とか(似たような役どころが多くて)ちょっと“やり尽くした感”になっちゃってて…今考えると全然なんですけど」と、女優として行き詰まりを感じていたことを明かす。「その時はお仕事を辞めたいって思って…」と思い詰めた当時の広末は、「誰かを傷つけたり誰かに嫌な思いをさせないで、仕事がなくなる方法」を考え抜いて、「一生懸命太った」という。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >