2017/10/12 08:00

草刈民代、“太くて強い女性”を怪演!「人は誰でもこうなるかもしれない」

「月と雷」で智(高良健吾)の母・直子を演じる草刈民代
「月と雷」で智(高良健吾)の母・直子を演じる草刈民代

直木賞作家・角田光代の同名長編小説を初音映莉子・高良健吾の共演で実写映画化し、10月7日にテアトル新宿ほかで全国公開を迎えた「月と雷」。

本作で、世話をしてくれる男性を見つけては、男性から男性へと各地を流転する、智(高良)の母・直子を演じる、草刈民代にインタビューを行った。

自由奔放のようでいて深い孤独を漂わせる直子役の草刈に、本作の撮影エピソードや、演じた直子の印象、そしてリラックス方法などについて語ってもらった。

――直子役のオファーが来た時の感想は?

どういう意図で私に声を掛けてくれたのか。難しい役だと思ったので、まずはそれを聞きたいなと思いました。安藤(尋)監督からは、役柄の背景やいろいろな物を背負って画面に映れる人は草刈さんしかいませんと言っていただいて。

私はずっと舞台で踊ってきた人間なので、もしかしたら役者さんをやり続けてこられた方たちとは違う佇まいを感じ取ってくださったのかなと。その監督が、私に直子役をと思ってくださっているのならできるかもしれないと思い、お引き受けしました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >