2017/10/08 09:00

池井戸潤原作の小説「陸王」を詳解!【秋ドラマ人物相関図(日曜ドラマ編)】

池井戸潤原作の小説「陸王」のドラマ化した「陸王」
池井戸潤原作の小説「陸王」のドラマ化した「陸王」

10月に入り、秋ドラマが続々とスタート! 日曜日放送から「陸王」(TBS系)、「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系)の2本をピックアップ。その人間関係が一目で分かる相関図とあらすじを詳解する。

■ 池井戸潤原作を役所広司でドラマ化!「陸王」

池井戸潤原作の小説「陸王」のドラマ化。老舗足袋屋・こはぜ屋が、会社の存続を懸けて商品開発に挑む企業再生物語。埼玉・行田にある老舗足袋屋・こはぜ屋の4代目社長・宮沢紘一(役所広司)は年々先細る足袋の需要から資金繰りに悩む日々を過ごしていた。そんな折、銀行員・坂本(風間)とのやりとりを通じて、新規事業への参入を考え始める。それは足袋製造で培った技術が生かせる裸足感覚を追求したランニングシューズ「陸王」の開発だった。陸王の完成は従業員20名余りの地方零細企業にとって、貧しい資金、人材、開発力など苦難の道のり。何度もくじけそうになる宮沢だが、息子の大地(山崎)や従業員らに支えられながら奮闘する(第1話)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >