2017/10/07 11:55

ジャニーズWESTの個性が集結「炎の転校生―」李監督が7人の魅力を語る

李監督が、ジャニーズWESTの魅力が語る/© Kazuhiko Shimamoto, SHOGAKUKAN/ J Storm Inc.
李監督が、ジャニーズWESTの魅力が語る/© Kazuhiko Shimamoto, SHOGAKUKAN/ J Storm Inc.

島本和彦原作の「炎の転校生」をジャニーズWEST主演で実写化したNetflixオリジナルドラマ「炎の転校生REBORN」が11月10日から全世界配信。監督を務める李闘士男に主演のジャニーズWESTの魅力を聞いた。

■ ジャニーズWESTなら“いける”と思った

――そもそもの話で島本さん原作の作品をドラマ化で監督をしてくださいっていう話だったと思うのですが、その企画についてどういう風に思われたのか聞きたいです。

まずプロデューサーと一緒にジャニーズWESTで配信でドラマやろう、というところから始まって。で、あんなものがいいね、こんなものはどうかなっていうやりとりがありました。その流れで「炎の転校生」という原作があると知って。記憶はあったのですが、はっきり知らなかったので読ませてもらいました。で、プロデューサーに言ったのは「これ本気でやるんですか?」「本当にこれやるんですか?」というようなことを言ったと思います。いろいろ理由があって。これだけ良い意味で熱く、馬鹿馬鹿しいものを、今撮るんですか?って。すると、やりましょう!ということだったので、そこから改めて「炎の転校生」というキャラクターや物語を自分の中に入れていったという感じですね。僕で言うと『デトロイト・メタル・シティ』みたいな馬鹿馬鹿しくて熱いのって、それ以降あまり機会がなくて。ちょっと冷めたクールな可笑しさを含んだ作品はあるけど、ここまでのものはなかなかないなって。で、僕の中でジャニーズWESTというのは、最初はちょっと戸惑ったんですけど、原作を読んでシミュレーションしたら「あ、いけるな」って思ったんですよ。ステージも観ていますけど、みんな関西の子だから、サービス精神がとにかく旺盛で、僕は僕なりに、彼らは人を喜ばせることに対してとても真摯に取り組んでいるから、彼らなら出来るんじゃないかな、と思いましたね。そこからシナリオを作りながら、原作の主人公は1人ですけど、今回は7人の主人公を作りあげていく、そして、“REBORN”なので、話を毎回新しく作っていくという中で、プロデューサー、脚本の方とだんだんイメージを膨らませていったっていう感じですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >