2017/10/11 00:00

「直虎」和田正人、常慶の感情が表に出たことの喜びを明かす

和田正人が、徳川家に仕え、井伊家にも深い関わりを持つ武将・松下常慶を好演/(C)NHK
和田正人が、徳川家に仕え、井伊家にも深い関わりを持つ武将・松下常慶を好演/(C)NHK

和田正人が、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。諸国を行脚しながら情報を集めている山伏・松下常慶を演じている。

徳川家康(阿部サダヲ)からの情報を直虎(柴咲コウ)に伝える役目を担う常慶は、その任務上、感情を表に出すような人物ではなかったが、第39回(10月1日放送回)からは、虎松(菅田将暉)との関わりの中で感情を表に出すシーンも登場するように。そんな役どころに変化が生まれてきた常慶役の和田に、演じる上でのこだわりなどを聞いてみた。

――「―直虎」に出演が決まった時の気持ちを教えてください。

ミュージシャンの方が紅白(歌合戦)にいつか出たいと思う心境に近くて、大河ドラマというものが俳優という職業にとっての紅白だと思っています。その大河ドラマへ出演が決まって、プレッシャーがとても強かったんですけれども、喜びも大きく、「ここまでようやくたどり着いたな」という1つの目標を達成した感じがありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >