2017/10/11 19:41

【SPインタビュー】荒井敦史の“格さん”はまるで子犬!? 「水戸黄門」出演の秘話を明かす

印籠の出しかたにも自分たちなりのこだわりがあるのだとか/(c)BS-TBS/C.A.L
印籠の出しかたにも自分たちなりのこだわりがあるのだとか/(c)BS-TBS/C.A.L

 1969年のドラマ放送開始から、元水戸藩主・水戸光圀が世の不条理から市井の人々を救い、その世直し旅が多くの人々に愛されてきたドラマ「水戸黄門」。惜しまれつつも2015年の特別ドラマを最後に、ひとまずその歴史に幕を下ろした「水戸黄門」だったが、10月4日より新たなキャストを迎え、BS-TBSで放送を開始した。新たな「水戸黄門」で水戸光圀に仕える水戸藩士・渥美格之進役を演じる荒井敦史に、シリーズに名を連ねることへのプレッシャーや撮影秘話、そして今作の見どころを聞いた。

──約40年にわたり歴史を紡いできたドラマ「水戸黄門」ですが、荒井さんは今回、渥美格之進役(格さん)としてシリーズに参加することになりました。格さん役が決まった時の、率直な感想を教えていただけますか?

 渥美格之進役が決まった時は今までにないくらいうれしかったです! でも、そもそも格さん役って相棒の佐々木助三郎(助さん)と一緒に、演じる役者をオーディションで決めていたんです。だからまず、歴史ある「水戸黄門」なのに、助さん格さんのオーディションがあること自体にびっくりしてしまって、最初はその意外さに思わず笑っちゃいました。それから渥美格之進役を頂くことになって、うれしさと同時に受かった驚きだったり。うれしいという気持ちに浸る間もなく、「水戸黄門」という作品に関わるプレッシャーへの不安や楽しさ、期待というのがいろいろあって、不思議な感覚に陥りましたね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >