2017/10/14 18:46

w-inds.が日本武道館で見せた、最高の音楽とダンスのあり方

音楽だけでなく、ダンスやスステージ演出などパフォーマンスの部分でも、最先端のトレンドを取り入れているw-inds.
音楽だけでなく、ダンスやスステージ演出などパフォーマンスの部分でも、最先端のトレンドを取り入れているw-inds.

最先端の音楽を自ら作り出し音楽シーンに投げかけるw-inds.が、最新アルバム『INVISIBLE』を引っ提げた全国ツアー「w-inds. LIVE TOUR 2017 "INVISIBLE"」を敢行。9月27日に3年半ぶりとなる日本武道館公演で、日本公演のファイナルを飾った。今ツアーは、w-inds.がここ数年発信し続けていた、海外の音楽シーンのトレンドを取り入れた最先端の音楽を、パフォーマンスに昇華して届けるライブになっている。同時に、ダンスのトレンドも最先端を追うw-inds.は、6人のw-inds.ダンサーと共に圧巻のダンスパフォーマンスを見せつけた。今回、ライブのダンスパフォーマンスにフィーチャーして、武道館公演のレポートをお届けする。

■ 最先端の音楽をダンスエンターテインメントに仕上げたダンサー達

まず、ライブレポートに入る前に、今ツアーに参加したダンサーを紹介したい。

ライブの演出は、w-inds.、倖田來未、SUPER JUNIOR、Da-iCEなど、人気アーティストを担当するMASAOが入り、ダンサーはRADIO FISHのSKILL-MASTERとしてアーティスト活動も行なっているShow-hey。倖田來未、SUPER JUNIORなど有名アーティストのバックダンサーを経験してきたMASATO。SKY-HIダンサー(THE SUPER FLYERS)として活躍中のMoney。「Time Has Gone」を振付したニューフェイスのkooouya。8年ぶりに起用された女性ダンサーで、三浦大知ダンサーズとして昨年からライブに参加している、Miu IdeとKANATAの計6人が、w-inds.と一緒に質の高い音楽とダンスでライブパフォーマンスを見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >