2017/10/22 17:51

【SWEET LOVE SHOWER 2017】トークの方が長い!? レキシが爆笑必至のライブを展開!

稲穂を手にした観客と「イナホ~オ!」というおなじみのコール&レスポンスを展開したレキシ(Photo by 岸田哲平)/(C)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017
稲穂を手にした観客と「イナホ~オ!」というおなじみのコール&レスポンスを展開したレキシ(Photo by 岸田哲平)/(C)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017

8月25日~27日の3日間、山梨・山中湖交流プラザ きららにて開催された野外ロックフェスティバル「SWEET LOVE SHOWER 2017」。8月27日に行われた三日目前半のライブの模様をリポートする。

■ SHISHAMO

この日のLAKESIDE STAGE、トップバッターはSHISHAMO。まずはダッシュで現れた吉川美冴貴(Dr)がバンドのタオルを掲げる中、松岡彩(Ba)、宮崎朝子(Vo/Gt)の順でステージに登場。

そして、宮崎の「ラブシャ! ラブシャ女! ラブシャ男! ラブシャ全員! LAKESIDE STAGE一発目やらせていただきます! 最後までよろしくお願いします!」という言葉から「好き好き!」で幕開け。続く「量産型彼氏」では、スクリーンを3分割して、メンバーそれぞれの表情が同時に映し出されるという演出も。

MCでは、観客からの「朝子~!」という歓声に、宮崎が「朝子ちゃん、な?」と冷静にツッコみ笑わせる。さらに、「スイートラブ?」という唐突なフリに観客が「シャワー!」と返すと、宮崎は「みんな臨機応変にやってくれるんだな」と、観客の対応力に驚く場面も。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >