2017/10/20 15:15

「わろてんか」鈴木保奈美が明かす、しずの“裏設定”とは?

連続テレビ小説「わろてんか」で、てん(葵わかな)の母・しずを演じる鈴木保奈美/(C)NHK
連続テレビ小説「わろてんか」で、てん(葵わかな)の母・しずを演じる鈴木保奈美/(C)NHK

ヒロイン・てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)が、“ロミオとジュリエット”さながらの恋模様を繰り広げている連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

こっそり会う2人に、“ギョロ目の鬼さん”こと、てんの父・儀兵衛(遠藤憲一)が怒り狂うなか、母・しず(鈴木保奈美)は儀兵衛とてんの仲を何とか取り持とうと尽力している。おっとりとした天然キャラの奥様ながら、聡明さを兼ね備えた、しずを演じる鈴木保奈美のインタビューを紹介する。

──“朝ドラ”への出演は今回が2作目ですが、出演が決まった時のお気持ちは?

ずっと現代劇ではないものに出演してみたかったですし、京ことばを話す役を演じてみたかったので、とてもうれしかったです!

以前、連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」(1988年)に出演した時はまだこの仕事を始めたばかりで、プロデューサーとディレクターの違いすら分かっていませんでした。とにかく夢中だったせいか実はあまりよく覚えていないので、今回は撮影が始まるのがとても楽しみでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >