2017/10/21 17:15

【映画「ミックス。」連載】脚本・古沢良太「スターが演じるに値する人物を描くことが僕の務め」

映画「ミックス。」の脚本を手掛ける古沢良太/撮影=木村将
映画「ミックス。」の脚本を手掛ける古沢良太/撮影=木村将

卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを題材に、欠点だらけの不器用な登場人物たちが成長していく姿を描く映画「ミックス。」が、ついに本日・10月21日公開!! キャスト&スタッフによるリレー・インタビュー連載の第8回は、いよいよ脚本を務める古沢良太が登場。「リーガルハイ」シリーズ(2012年ほかフジ系)や「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年フジ系)など、ヒットドラマも数多く手掛ける当代随一の人気脚本家が、新作映画に込めた思いを語ります!

■ 映画が現実に追い越された気がして、複雑な気分なんです(笑)

――映画「ミックス。」は、今話題の卓球のミックスダブルスを題材にしたロマンティックコメディーです。卓球の世界を舞台にするという構想は、どのくらい前からあったのでしょうか?

卓球を題材にしたものを作りたい、というのはけっこう前からあって。スポーツを映像で描く場合、卓球って実は向いてるんじゃないかっていうことはずっと思ってたんですよね。役者さんも、そこまで肉体を作り上げる必要もないだろうし、試合も屋内だし、映像にしやすいはずだって。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >