2017/10/23 06:00

【テレビの開拓者たち / 石川淳一】目指すのは「作り手の気概が感じられる作品」

いしかわ・じゅんいち=1971年12月31日生まれ、山梨県出身
いしかわ・じゅんいち=1971年12月31日生まれ、山梨県出身

「リーガルハイ」シリーズ(2012年ほかフジ系)や「フラジャイル」(2016年フジ系)など、話題のドラマを多数手掛けてきた共同テレビのドラマディレクター・石川淳一氏。「リーガルハイ」、「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年フジ系)、そして彼の映画監督デビュー作「エイプリルフールズ」(2015年)に続き、人気脚本家・古沢良太氏との強力タッグでおくる最新映画「ミックス。」が公開されたばかりの石川監督が、自身のキャリアを振り返りながら、演出家としてのこだわりや今後の展望を語ってくれた。

■ 「任侠ヘルパー」は実はかなりハードな内容。すごく思い入れのある作品です

――石川監督が、ドラマの作り手として初めて携わった作品は?

「スケジュール管理の仕事を担当しながら、ちょこちょこ演出もさせてもらってはいたんですが、ほぼチーフ監督という立場で初めてやらせてもらったのは『嬢王』(2005年テレビ東京系)ですね。テレビ東京の深夜ドラマ枠(「ドラマ24」)の最初の作品だったので、割と何でもやれる土壌があって。共同テレビがやる以上、単純なお色気番組ではなくドラマ部分も重視していこうという流れもありつつ、セクシー路線も若さに任せて(笑)、けっこうギリギリまで攻めてましたね。すごく楽しんでやってました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >