2017/10/25 06:30

「この声をきみに」趣里が演じる“絵里”の気持ちに共感

接客に疲れ朗読教室に通うOL・熊川絵里を演じている趣里/(C)NHK
接客に疲れ朗読教室に通うOL・熊川絵里を演じている趣里/(C)NHK

放送中のドラマ「この声をきみに」(毎週金曜夜10:00-10:50、NHK総合)は、 話下手で偏屈な数学者・孝(竹野内豊)が、朗読教室に通い、人生を変えるため奮闘するヒューマンドラマ。孝の通う朗読教室「灯火親(とうかしたしむ)」には、さまざまな事情を抱える生徒たちが在籍している。

その中の一人、熊川絵里は、普段はショールームに勤務するOLで、孝には度々キツいことを言うキャラクター。彼女もまた、顧客相手に型通りの説明をする毎日に疲れ、朗読教室に通っているという。絵里を演じている趣里にインタビューを行い、朗読をした感想や、撮影現場の雰囲気を聞いた。

■ 朗読は、感じるままに読んでいる

――朗読にはどのようなイメージを持っていましたか?

朗読の経験はなかったんですが、シス・カンパニーさんの朗読劇「宮沢賢治が伝えること」などを拝見したことがあってその時にすごく感動したので、元々興味はありました。声の色で伝えることで、日本語の良さも伝わってくるという印象でした。今回のお話を頂いた時には、個性的ですてきな共演者の方々と一緒に朗読ができるということがうれしかったです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >