2017/10/27 07:00

「BORDER 贖罪」放送直前! 山田兼司Pが語る「BORDER」の“これまで”

「BORDER 贖罪」主演の小栗旬/(C)テレビ朝日
「BORDER 贖罪」主演の小栗旬/(C)テレビ朝日

2014年4月期に連続ドラマとして放送され、規格外のスケール感と役者陣の演技、そして衝撃の“ラスト”が話題を呼んだ小栗旬主演ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)。

3年間の沈黙を経て、10月6日と13日には波瑠主演のスピンオフ「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」が放送され、比嘉の“バックボーン”も明らかになった。

そして、10月29日(日)夜9時からは待望の“続編”となるドラマスペシャル「BORDER 贖罪」が放送。

そんな続編の放送を直前に控え、希代のヒットメーカー・金城一紀と共に「BORDER」シリーズを作ってきたテレビ朝日の山田兼司プロデューサーに、同シリーズの“これまで”、と、“これから”について聞いた。

ロングインタビュー前篇では、“これまで”についてを中心に語ってもらった。

■ ようやく続編を描けるときがきた

――3年前、2014年6月5日の連ドラ最終回以来、ファンの皆さんが気になっていた続編の存在。具体的にはいつごろから動き出したのでしょうか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >