2017/10/28 12:00

【映画「ミックス。」連載】“憎まれ役”を演じた瀬戸康史&永野芽郁『撮影はアウェイでしたよ(笑)』

公開中の映画「ミックス。」で新垣結衣&瑛太ペアのライバルとなる役どころを演じた瀬戸康史&永野芽郁/撮影=西村康
公開中の映画「ミックス。」で新垣結衣&瑛太ペアのライバルとなる役どころを演じた瀬戸康史&永野芽郁/撮影=西村康

10月21日・22日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場1位を獲得し、大ヒット公開中の映画「ミックス。」。人生のがけっぷちに立たされた人々が卓球を通して奮起していく姿を描く、笑って泣けるエンターテインメントに仕上がった。新垣結衣と瑛太が初共演を果たすほか、豪華キャスト陣が顔をそろえたことでも話題の本作。公開を記念して、WEBザテレビジョンではキャスト、スタッフによるリレーインタビューを敢行。第8回では、主人公ペアのライバルとなる役どころを演じた瀬戸康史&永野芽郁の対談インタビューを紹介します!

■ ミックスは本当に難しい!

――お二人は、多満子(新垣)と萩原(瑛太)のライバルとなる役どころを演じています。卓球のスター選手役とあって、卓球の練習も必須となりました。お互いの存在が練習の励みになったことはありますか?

瀬戸「なかなかスケジュールが合わなくて、ミックスで練習をする時間が本当に少なかったんです。ずっとひとりで練習をしていたので、いざミックス(男女混合)でやってみるとなるととても難しかったです。相手の間合いを見ながら、ボールを打っていかなければならない。芽郁ちゃん以外の人と練習をしてみたときもありますが、人によってスピードやタイミングも違うので、芽郁ちゃんと合わせたときにはまた違う感覚になる。ミックスは本当に難しいなと思いました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >