2017/10/27 12:23

綾野剛「コウノドリ」の共演者は“戦友”。安心感しかない

主演の鴻鳥サクラを演じる綾野剛/撮影=諸井純二
主演の鴻鳥サクラを演じる綾野剛/撮影=諸井純二

前作から2年を経てシーズン2が始まった「コウノドリ」(TBS系)。周産期医療センターを舞台に、産科医・新生児科医の面々が命と向き合う姿を真摯に描くヒューマン医療ドラマだ。リレー連載の第1回は、主演の産科医・鴻鳥サクラを演じる綾野剛。本作にかける熱い思いや見どころをたっぷり語ってもらった。

■ スタッフの「前作を超える」という執念を熱量に変えて

――綾野さんは前作が終わって数カ月後に続編のお話を聞いたそうですが、いよいよシーズン2が始まって、今はどんなお気持ちですか?

前作の打ち上げの段階から続編をやるという空気があったので、実際に決まったときは驚きはなく、感謝しました。「コウノドリ」はドラマなのにも関わらず、とことんノンフィクションを貫いて見せていく。真実と向き合っていかなきゃいけないというのは、ものすごく体力を使うんです。前作はみんな初めて役と出会って、初めての物語に出会って進んでいくので、体力的にも精神的にも特に大変でした。その大変さをわかった上で続編に臨んでいるわけですが、各キャストが、あまりに命に密接に関わっていることによって、どうしても心と体が乖離していく瞬間があるんです。自分たちを壊さないために、全体は土井(裕泰)監督や各話の監督に支えていただき、俳優部は自分たちで少しでも気付きあっていこうと。前作の新井先生みたいにバーンアウトしないように作っていかないといけないなという思いでやっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >