2017/10/28 16:15

松雪泰子が “元コールガール”に!「人生で何度もできない役」

表現者として、“元コールガール”という新たな領域に挑む松雪泰子/ヘアメイク:石田絵里子(air notes)、スタイリスト:安野ともこ(コラソン)、撮影:舞山秀一
表現者として、“元コールガール”という新たな領域に挑む松雪泰子/ヘアメイク:石田絵里子(air notes)、スタイリスト:安野ともこ(コラソン)、撮影:舞山秀一

11月4日(土)~11月19日(日)に東京・天王洲の銀河劇場を皮切りに、松雪泰子主演の舞台「この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌」を上演する。

本作はカナダ・ケベック州生まれの女性作家のネリー・アルカンの生涯にフォーカスした企画の一環で、ネリーにまつわる本・映画・舞台を3カ月連続で展開。9月にはネリーのデビュー作となった「ピュタン」(パルコ出版)を発売、10月には映画「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」を公開、そしてこの11月にはカナダ人のマリー・ブラッサール演出でネリーの残した4編の作品をコラージュし舞台化。

公演を間近に控えた松雪にインタビューを敢行。作品の魅力や見どころ、ネリーの小説に対する印象などを聞いた。

■ 元コールガールが生み出す言葉は、すごく美しくて強烈

本作に出演することになりネリーのことを知ったという松雪は、「(台本を)読ませていただいて、すごく詩的な言葉が並んでいる戯曲だなと思いました。彼女の言葉はすごく美しく強烈で、『なぜ、この言葉を(選んで)書いたんだろう?』というところから、興味をそそられました。それから、マリーさんとのコラボレーションも大きな魅力の一つでしたし、日本人の俳優が演じて『どういったものが生まれるのかな?』というのも興味深かったですね。ぜひ、演じてみたいなと思いました」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >