2017/11/08 22:56

超特急タカシと俳優・松尾太陽は「全然違う」

撮影●諸井純二
撮影●諸井純二

メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急のタカシとしても活躍する松尾太陽。この秋dTV、FODで配信中のドラマ「花にけだもの」、そして、11月11日(土)から公開する映画「一礼して、キス」に出演、と作品が目白押しだ。そんな松尾の俳優、そして超特急としての活動について話を聞いた。

■ 自分にとって理想的な人物を演じる

――dTV、FODで配信中のドラマ「花にけだもの」に出演中。人気の少女漫画が原作になっていますが、最初に台本を読んだ感想を聞かせてください。

松尾太陽(以下、松尾):胸キュンするシーンって徐々に出てくるものなのかと思ってたんですけど、原作に忠実に再現されている部分があったり、1話から胸キュンシーンがたくさんあるんです。これがあと9話分あるとしたら、“世間の人の心臓もつのかな⁉”と(笑)。僕自身も「どんな映像になるんだろう?」と妄想が膨らんだりして、読んでいて楽しかったです。

――松尾さんの役は、ヒロインの久実(中村ゆりか)に思いを寄せる“けだもの男子”千隼。“けだもの男子”とは強引で男らしいイケメンとのことですが、千隼をどのようにとらえていますか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >