2017/11/01 06:00

桂正和の不朽の名作「電影少女」がテレ東でドラマ化!主演は野村周平、“ビデオガール”は誰に?

「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」 で主演を務める野村周平
「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」 で主演を務める野村周平

テレビ東京系では、野村周平主演で2018年1月クールに「土曜ドラマ24『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』」を放送することが分かった。同ドラマは、桂正和の代表作『電影少女』が原作。ドラマの舞台は2018年、原作漫画の25年後の世界を描く。

野村が演じるのは、原作漫画の主人公・弄内洋太(もてうちようた)の甥である、高校生の弄内翔(もてうちしょう)。翔は叔父の家で1本のビデオテープを発見し、25年前に封印されていた“ビデオガール”と出会う。

時を経て現代に蘇った“ビデオガール”と2018年の普通の高校生の、ひとつ屋根の下の不思議な生活が始まる。脚本は喜安浩平、演出は関和亮が担当する。

原作は、高校生の弄内洋太が不思議なレンタルビデオショップ「GOKURAKU」で借りたビデオを再生するといきなり、美少女が画面から飛び出してくる、というファンタジー作品。「週刊少年ジャンプ」1989年から1992年まで連載され、累計発行部数は1400万部。爆発的人気を誇る桂正和の代表作の一つだが、果たして“2018年版”はどんな作品となるのか? そして、“ビデオガール・アイ”は誰が演じるのか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >