2017/11/02 18:35

生田斗真、宮藤官九郎作品は「裸にされることが多いんですが、今回も(笑)」

宮藤官九郎が脚本を務める大河ドラマ「いだてんー」は2019年1月スタート
宮藤官九郎が脚本を務める大河ドラマ「いだてんー」は2019年1月スタート

2019年1月スタートの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(NHK総合ほか)の主な出演者たちが決定。W主演の中村勘九郎、阿部サダヲに加え、綾瀬はるか、生田斗真、杉咲花、永山絢斗、勝地涼、竹野内豊、シャーロット・ケイト・フォックス、ピエール瀧、古舘寛治、杉本哲太、大竹しのぶ、役所広司、中村獅童が出演することが明らかになった。

同作は、日本最初のオリンピック選手として1912年のストックホルム大会に立った金栗四三(勘九郎)と、1964年の東京オリンピックを組織委員会事務総長として成功に導く田畑政治(阿部)の奮闘を中心に、52年間にわたる日本人とオリンピックの関係を描く。

そして、今回新たに発表された出演者は物語の前半の主人公・金栗の人生に深く関わり、彩りを与える。

オリンピックにまい進する夫・金栗を支える妻・春野スヤを演じる綾瀬は「以前、大河ドラマに出演させていただいた時に、スタジオへの入り時間が、NHKの職員さんたちと一緒だったんです。なので、自分もNHKの職員になった気持ちで通っているのがひそかな楽しみでした(笑)」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >