2017/11/06 12:33

でんでんが若い女に溺れていく!?「同じような人生送りたい」

「池波正太郎時代劇 光と影」第3話で、主人公の万右衛門を演じるでんでん/(C)テレビ東京
「池波正太郎時代劇 光と影」第3話で、主人公の万右衛門を演じるでんでん/(C)テレビ東京

BSジャパンの火曜ドラマ「池波正太郎時代劇 光と影」(毎月第1・第2火曜夜8:00-8:54)。時代小説の巨匠・池波正太郎の短編12編を一話完結でドラマ化した本作は、「人間とは善も悪も同居する矛盾が素晴らしい」というテーマで、人間の本性を描いている。

11月7日(火)放送の第3話『あほうがらす』では、名バイプレーヤーとして知られるでんでんが主演する。そんな本エピソードとでんでんのコメントを紹介する。

■ 第3話あらすじ

袋物問屋の主人・和泉屋万右衛門(でんでん)は、家族には内緒で、年の離れた愛人(桶井明日香)と過ごす時間を生きがいにしていた。そんな中、万右衛門は、夫と死別した女性と男性客との仲を取り持つ裏稼業「あほうがらす」として働く弟の宗六(菅原大吉)と偶然再会する。重い病にかかり、余命わずかな万右衛門は、宗六に最期の頼みごとをする。

■ 主演・でんでんコメント

この「あほうがらす」の話が届いた時は、ちょうど時代劇、特に町人の人情話をやりたいと思っていた時でしたので、グッドタイミングでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >