2017/11/08 21:43

「直虎」橋本じゅんが明かす、政次を追い込んだ時の心境

橋本じゅんが、直虎(柴咲コウ)に代わり井伊谷の領主となった近藤康用を演じる/(C)NHK
橋本じゅんが、直虎(柴咲コウ)に代わり井伊谷の領主となった近藤康用を演じる/(C)NHK

橋本じゅんが、柴咲コウ主演の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00‐8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。

橋本が演じるのは、井伊領を手中に収めた近藤康用で、“井伊谷三人衆”と呼ばれる今川家から井伊の目付を任じられた武将の一人である。また、政次(高橋一生)を死罪へと追いやるきっかけとなった人物であり、直虎(柴咲)や井伊谷にとって重要な人物だ。

さらに、第39回(10月1日放送)以降では、直虎に操られながらも井伊の領主として尽力している姿が特徴となっている。そんな近藤を演じている感想などを聞いた。

――近藤という人物をどのように捉えていますか?

無骨というか、不器用な人間ですね。ですが、直虎や政次と出会い、心のひだを増やしていく。そんな中で選択したベターな行動を起こして生きている。割と豊かな人生を歩んだ幸せ者だったのではないでしょうか。

――近藤という人物を演じる上で気を付けていることなどはありますか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >